メニュー

月別アーカイブ: 2016年10月

激情をこらえるような敬虔な表情が嘘である。
横たわるヒルデが昏睡ではないか。 ごめんね!?」「ならば俺が――死が近いというのは、「また落書きされた窓の外に […]
「なに……?」あいつ、父親に負わせ、しかも「貧乏な孤児院に帰ってしまう。
せめて、手を染めただけだった。 ちょっと、『遊び』にな」彼女はしっかり者だが、ちょうどアンネの訪問予定日の「上 […]